所長のつぶやき

2020.12.15

新年を迎えるにあたって

 まもなく新年を迎えますが、年が明けるとあちらこちらで「新年あけましておめでとうございます。」と挨拶がかわされます。しかし、今回は心から「おめでとうございます」と言えない方々もたくさんおられると思います。

 新型コロナウイルス感染症が全世界に猛威を振るい、7000万人を超える罹患者と160万人を超える死者数を数えています。国内でも18万人の罹患者と2600人を超える方々が亡くなられており、今なお猛威を振るい続けています。

 コロナ禍では、罹患者だけでなく生活の糧を奪われてる人々も多くいます。職を失い、収入を大幅に減らされている人々など生活を維持することが困難な方々がたくさんおられると連日報道されています。

 また、コロナを克服するために、ワクチンの開発や接種が矢継ぎ早に行われているとの報道に期待を寄せていますが、未だに収束の兆しすら見えない状況が続いている厳しい時期です。お互いに体を気遣いながら生活をおくりたいものです。

 そんな中で、話は変わりますが今年の4月から北人権文化センターの運営を自治会が行う事になり、皆さんと共に新たな事業などを行おうと考えていました。思わぬコロナ禍のため十分な取り組みができなく残念でなりませんが、コロナ終息後力を合わせて取り組みたいと考えていますので、ぜひともご協力をお願いします。

コロナ禍に負けないで