所長のつぶやき

2020.11.06

ピンチをチャンスに❕

01

新型コロナウイルスの影響で、経済は冷え込み様々なてこ入れ政策が実施されています。GotoトラベルやGotoイートをはじめ地域振興クーポンなど、ご利用された方もおられると思いますが、思うように景気は上昇せず多くの失業者を生み出しています。また、コロナは未だに収束の兆しすら見えない状況です。このように私たちの暮らしは゛ピンチ゛になっています。しかし、これまで「差別」に無関心であった方も、コロナに関しての偏見や差別が社会に多く惹起しているとの報道によって、差別を我がこととして考えるきっかけともなり得る状況です。言い換えれば、人と人との『絆』を深める契機となる゛チャンス゛゛でもあるのではないでしょうか。

先ごろ全米オープンテニスで優勝を果たされた、大坂なおみ選手が7人の名前を記した「黒いマスク」を着用し、全7試合を勝ち進まれた姿を記憶されている方も多いと思いますが、このことを通して、あらためて「人種差別」を考えられた人々も多くいたことでしょう。

何が「差別」を考えるきっかけになるかは人それぞれの思いですが、自分の事ととして問い直す機会としたいものです。

人は、人とのつながりで社会生活が円滑に過ごせ、人生を豊かに送れるのものではないでしょうか。人々や、私たちを分断する「差別」をなくし、みんなが豊かで幸せを感じる社会をあらゆる機会を通して考え、実践していきたいと【コロナ】社会の今だからなお一層思います。